調理方法のこだわり

中国から呼び寄せた四川一流料理人

中国の有名レストラン・有名ホテルで働いていた一級四川料理人を日本に呼び寄せる

陳家私菜の調理人は普通の料理人ではありません。

オーナー陳自ら中国全土を探し、知り合いや知人からの情報などを頼りに、各地の有名なホテルや、有名店とか歩き回り、それ以外にも人脈などを最大限活かして、一級の腕持ってる人を説得して日本に来てもらいました。

実は陳家私菜の料理人は日本国内の中華料理人の2倍の報酬払っています、全ての職業に通じると思いますが、良い技術者や良いプレーヤーを雇うにはそれ相応の報酬が必要になります。

陳家私菜の料理人は中国の有名ホテルや有名店で働いていた経験などもあり、通常の給料では雇う事が難しい為、このような報酬を払っていますが、これは本当に美味しい料理を来て頂いたお客様に食べて頂きたいからです。

tyorikodawari01
tyorikodawari02

食は民であり

本当に美味しい料理を食べてもらいたい、出来る限りリーズナブルに

1つ大事なことは、中国の有名なことわざで「食は民であり」とあるのですが、これは気を遣って高級な料理を食べるよりも沢山の方々に気楽に、友人とか、家族や、同僚に囲まれて賑やかに食べる方が良いという事で、陳家私菜はこの考えを取り入れ、高級料理のような素材使って、沢山の方々に食べてもらいたいと思い、高級食材や一級料理人であっても値段はリーズナブルに、庶民の料理でありたいと考えています。

但し、目指すは高級料理の食材、高級料理のやり方。一級料理人の技術です。

何故そうするかと言うと、高級で一流の味を食べたくても食べれない人達にも、一流四川料理を食べてもらいたいと考えているからです。

陳家私菜ではリーズナブルな値段でも高級料理に負けない味を出し、料理人も最高の技術を奮い、日本の方々に四川料理・中華料理の本当の美味しさを味わって頂きたいと思っています。

良し悪しは料理人では無く、食べる人が決める

tyorikodawari03

料理人にもしっかりと対価を支払う

陳家私菜では料理人に毎月、賞金、ボーナスを売上によって渡しています。
頑張れば頑張るほど、良いもの出して、もっとボーナスもらえるようにしてます。

こうする事で、ずっと変わらない美味しい味を提供出来るようなるだろう、という陳家私菜の一つの方針です。

tyorikodawari04

全ては日本への恩返しの気持ち

値段を安くすると本当に経営が辛くなります、なので殆どのお店は高級食材、一級料理人を使えばそれ相応の値段のメニューになります。そうしないとお店が潰れてしまう可能性が非常に大きいのです。陳家私菜もそうです、夜にお酒を飲んだり、ドリンクを飲んでくれたり、宴会や飲み会をしてくれるお客様がいなければきっと経営が苦しくなるでしょう。

当然、陳家私菜のこのやり方は最初にやった時「あいつ馬鹿」「あんな店すぐに潰れる」と言われてきました。

本当に20数年間、全く利益も出ず、それでもずっとやってきて、やっと少しだけ余裕が生まれました。

陳家私菜ではずっとその熱意と情熱と、今もその気持ちを忘れずに本当に美味しい料理、本当に沢山の方々、日本人お金持ってなくても、安くて沢山の庶民的な人に食べてもらいたいと思っています。

お客様へ恩返しをしたい、それは陳家私菜のずっと変わらない気持ちです。

営業日のお知らせや、その他、各種お知らせ

ウーバーイーツのご注文はこちらから行えます。お近くの店舗からウーバーイーツでご注文下さい。

出前館のご注文はこちらから行えます。お近くの店舗から出前館でご注文下さい。

陳家私菜のこだわり

top01

スパイス・調味料へのこだわり

四川だけでなく中国全土から仕入れた最高級の調味料

当店が取り組む “美食・美酒” への追求は、食材・調味料・調理法などとどまることがありません。おいしい本物素材を、相性の良い自家製調味料・・・を、もっとおいしく、もっと華麗に変身させるため下記の “こだわり素材・調味料” などを使用しています。

2ヵ月に1回、オーナーシェフ自ら四川省成都郫県(ピーシェン)に赴き、日本では手に入らず、 四川の市場にも出回っていない7年ものの郫県(ピーシェン)豆板醤を現地の人を説得して仕入れています。

スープ・素材へのこだわり

日本産の親鶏から作った全ての料理の元となる素材

日本ではスープといえば昆布やかつおで取るかつお出汁が一般的ですが、中国料理では基本的に動物性の材料を使いスープを作ります。

陳家私菜の様々な料理に使用するスープは、25年前の赤坂1号店
【湧の台所】開店以来、研究を続けてまいりました。
研究の努力の結晶の秘伝のスープは伝統の味わいです。

この調理用のスープは、すべての料理の基本となっており、長い時間をかけてレシピを作り、長い時間をかけて作るスープになっています。

top02
top03

調理方法へのこだわり

時間を惜しまず手間暇をかけるだけでなく、技術の研磨を日々行う

陳家私菜では中国の一流中華料理店で研鑽を積んだ料理人達をオーナーシェフの 陳が現地で口説き落とし、7店舗ある陳家私菜で各店舗の料理長としてお客様に料理を提供しています。 オーナーシェフの作り上げたレシピに更に磨きをかけ、お客様の 「美味しい」の為に日々技術を研磨し、魂を込めて腕をふるいます。

四川料理のパイオニアとして

商標をとり、数々の料理グランプリを受賞したレシピ

中国から日本で最初に刀削麺をメニューとして提供したのは、当店のオーナーシェフである陳が1995年2月に国内一号店として赤坂に開店した「湧の台所」で、当店が頂天石焼麻婆豆腐・皇帝よだれ鶏・元祖・麻辣刀削麺の発祥の場所であります。
世界初のレシピ頂天石焼麻婆豆腐は商標を取得し、それ以外も日本で初めて元・祖麻辣刀削麺・皇帝よだれ鶏を提供、完成度を極限まで高めたこの3つのメニューの為に全国から多くの中華料理関係者がレシピを学びに来店しにくる自慢の一品です。
今では他のお店でもこれらメニューを提供するようにはなりましたが、当店の頂天石焼麻婆豆腐・皇帝よだれ鶏・元祖・麻辣刀削麺は、1995年の開店から、今でもずっと変わらない味で、更に磨きをかけて調理・ご提供させて頂いております。

top-4

各店料理長・総合料理長について

渋谷店料理長

阎立恒

ENRIKO

秋葉原店料理長

曲兆波

KYOKUCHOHA

五反田店料理長

郭長輝

KAKUCHOTERU

総料理長

湯显斌

TANSEMBIN

陳家私菜各店舗

グランドメニュー

1品料理・ドリンク

商標をとった頂天石焼麻婆豆腐や日本初の刀削麺など豊富なメニュー

陳家私菜は商標登録をした、頂天石焼麻婆豆腐や、日本に初めて刀削麺を提供した元祖刀削麺を始め、名物料理が様々あります。

またそれらの名物料理だけでなく、日々新しいメニューを開発し、多くのお客様にご好評頂いております。

どの料理も中国から仕入れた最高級の香辛料や豆板醤、スパイスなどをふんだんに利用し、日本全国から取り寄せた厳選された野菜や豚肉、鶏肉、牛肉を使っております。

リーズナブルな価格でありながらも、他の中華料理・四川料理を提供する高級店よりも美味しく作るために、素材だけでなく、調理人のレベルにもこだわり全てのメニューをご提供しています。

top-kasou02

ランチ・コース料理

行列の出来るランチメニューや少人数から大人数まで対応可能なコース料理

西洋料理にコース料理の流れがあるように、中華料理にもコースの流れがあります、まずは前菜からスープ(湯)に始まり、主菜、主食と続き、点心(定食・デザ=ト)と続きます。

陳家私菜のコース料理は長年の歴史・経験の中で培って来た最高の流れでお客様に本物の素材・高い技術で作られた料理を1品1品ご提供させて頂きます。

またそれ以外にもお昼はランチメニューを展開しており、陳家私菜のランチメニューは値段がディナータイムに比べかなりお安くなっておりますが、料理に使っている素材は全て同じものになっておりますので、まだ当店にこられた事のないお客様は是非一度ご利用下さい。

新着 陳家私菜紹介記事

各種企業・私人との対談記事

求人のお問い合わせはこちらから

以下のメディアからも陳家私菜の情報発信をしております