MENU
2022年 四川フェス&激辛グルメ祭りにて日本1の売上達成!

四川料理のパイオニアとして

最小限の利益に抑える事で本物の味をそのままに

商標をとった頂天石焼麻婆豆腐や日本初の皇帝よだれ鶏、刀削麺など豊富なメニュー

『本物の中国伝統食文化を伝えたい』という思いを強く抱き、高級料理店と同じやり方で(金華ハムと親鳥を入れた調理用スープの使用など) オーナーシェフ自ら現地へ赴き、徹底した下調べ・吟味の上で買い付けをした日本で手に入らない香辛料やスパイスなどをふんだんに使用して作っています。

四川料理は辛いだけでなく、辛くて香りがあり、香ばしさがある料理が一流と言われています。

伝統的な四川料理は、24種類の味付けが存在し、それらの手法を用いて四季折々の様々な食材を調理していきます。

『たくさんの方に本物の中国料理を食べて欲しい』という強い思いから、陳家私菜では品質自慢・腕自慢の料理の数々をリーズナブルな価格でご提供させて頂いております。皆様のお越しをお待ちしております。

2021年には日本の飲食店で数店舗しか選ばれなかったグーグルのテレビCMにも出演しました。
そして著名人、政治家、中国大使館指定のお店です、宴会・接待に多くの方にご利用いただいています。


日本で初めて刀削麺を提供し、その他にも日本初でよだれ鶏提供

4年物の豆板醤から6年物へ変更

中国の刀削麺を日本で最初にメニューとして提供したのは当店のオーナーシェフ陳です。オーナーシェフ陳が1995年2月に国内一号店として赤坂に開店した「陳家私菜・湧の台所」がその場所で、日本の刀削麺の発祥であります。

刀削麺としての完成度を極限まで高めた陳家私菜の「元祖・麻辣刀削麺」は未だに全国から多くの中華料理関係者がレシピを学びに来店しにくる自慢の一品です。

今では他の多くのお店が刀削麺を提供するようにはなりましたが、当店の刀削麺は、1995年の開店当時から、今でもずっと変わらない味で、粉から手作りで寝かせて作っております。

もちもちした食感に、麺自体の美味しさを感じる事ができるのではと思います。是非、一度、お召し上がりください。

またそれ以外にも陳家私菜は日本で初めて「よだれ鶏」を提供したお店でもあります。


日本の中華料理・四川料理を盛り上げ、ひいては日本の食文化を向上させたい

中国の中でも一部の人しか購入が出来ない香辛料・豆板醤

本物の四川の味を届ける為に、食材には和牛なども利用

陳家私菜有名料理フェスなどの激辛ビギナーから激辛マニアの方々に満足できる選ばれたお店だけが出店のグルメイベントに何度も出店をしてきました。出店する度に連日の大行列、大賑わいで、辛いものが大好きな方から苦手な方まで、大変ご好評いただき、たくさんのお客様にお越しいただきました。
※激辛グルメ祭り、四川フェス、等の各種中華料理イベントやフェスで6年連続売り上げ1位

私達の作る料理は食通の舌を唸らせる、激辛料理多数ご用意しております。『全てのお客様に“美味しい・楽しい”ひと時を』を思いに、高い志を抱いて料理を作っています。本物厳選素材・品質自慢・腕自慢の料理の数々を、リーズナブルに皆様でお楽しみください。


世界で初めて石鍋で麻婆豆腐を提供するスタイル・頂天石焼麻婆豆腐・商標取得済

陳家私菜の自慢の一品:元祖「頂天石焼麻婆豆腐」。
日本の方に好まれる中華料理の代表格として、 麻婆豆腐がある事は熟知しています。

「そんな定番だからこそ、値打ちのある価格で最高の味をご提供したい」そんな想いから当店の麻婆豆腐は生まれました。これまでに当店で修業をして 独立していった料理人達の店も麻婆豆腐に定評を得ています。

何故頂天石焼麻婆豆腐という名前なのか、それは麻婆豆腐は四川料理の代表、その麻婆豆腐で頂天を目指すと言う陳家私菜の決意であり、その決意の元、25年味を磨き続けてまいりました。

※当料理を模倣する店舗がございますが、当店発祥になります。(商標登録済)