MENU
2022年 四川フェス&激辛グルメ祭りにて日本1の売上達成!

オーナーの想い・真心・感謝・料理に対する愛情と熱意

第二の故郷日本の皆様へ
オーナーの想い・真心・感謝
料理に対する愛情と熱意

1995年の27年前、食通の激戦区の赤坂に1号店を創業以来守り抜いて来た
伝統の味と、乗り越えて来た苦労と困難を誇りに「中国料理本来の本物の伝統、
食文化、美味しさを伝えたい、一人でも多くの人に当店のリーズナブルでありながら
高級店に劣らぬ本物の中国料理を味わっていただきたい」という思いを持ち続け、
たくさんのお客様にご愛顧頂いております。
食材や製法など、徹底的にこだわりぬいた至極の中国料理を創業以来かわら
ぬ価格でお楽しみ頂きたいという信念を持ち、真心込めて日本の皆様に中国の
食文化を伝えていくことが皆様への恩返しだと思っております。
陳家私菜は『裏切らない』をモットーに鋭意取り組んでいます。

陳家私菜6つのこだわり

1.一流の調理人を捜す為に、中国各地の有名ホテル、特に四川の有名レストラン
をまわり、知人などの紹介を受け有能な調理人を厳しい選考試験の上採用。
また技術をもった調理人を厚遇、大切にし陳家私菜の味を守っています。
2.オーナー陳が日本でも中国でも手に入れにくい最高レベルの香辛料を中国の
産地で仕入れ、高級香辛料を加工・調理し門外不出のレシピ、最高技術で
秘伝のたれと醬(みそ)を作っています。
3.調理用のスープは、親鶏、豚骨、牛骨、牛肉、鶏ガラ等を長時間煮込み、白湯、清湯
を分けて使用。中国伝統の高技術調理法を守って手間ひまかけて作っています。
4.25種類の香辛料は全て陳オーナー自ら中国現地にて目利きで選びます。6年
熟成県豆板醬など日本では手に入らないものを使用しています
(日本で販売されているものは長くて1年くらいで、香りと旨みが違います)


5.食材のこだわり 日本全国からなるべく良い食材を探し、鶏肉は東北銘柄鶏、
豚肉は三元豚を使用、牛肉は和牛の切り落としを使用。いずれも冷凍ではなく、
真空パック(チルド)で仕入れる事で肉の旨味が格段にアップします。
6.築地から豊洲に市場が移転しても変わらず、長い付き合いがある業者のオー
ナーから新鮮な魚介類を融通してもらい買っていつつオーナーの目利きで厳選
しています。